スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
かこめかこめ、まさかのカラオケ化!!
 えー、タイトルの通り、かこめかこめが2012/06/29より、JOYSOUNDで配信される事になりました!!

ソースはコチラですw

http://joysound.com/ex/search/karaoke/_selSongNo_198023_song.htm


正直、過激なホラー曲だから配信は無理だろうと思ってました。

前、「監禁、調教、ビーフシチュー」の時はJOYSOUNDに「カラオケってお子様連れも来るから、あんま怖いのとか過激なのはNGなんですよ〜」みたいな事を言われ、リクエスト投票にも漕ぎつけなかったのです。


しかし、今回当ブログに
nyaonbeeさんという方から「駄目元で良いんで交渉してくれません?」という書き込みがありまして、ぶっちゃけ「絶対無理なのになあ……。」と思いながら渋々JOYにメールを送りました。

そうしたら、

「リクエスト投票をすっ飛ばして配信させてくれません?」

という予想もしなかったメールが。

「!?」

という気持ちになりましたが、その後も色々交渉を重ね、無事に配信という形に。

ビーフシチューよりもやってる事は過激な筈なんですが、やっぱりシチューはタイトルが良くなかったのか……。確かに、カラオケで「か行」を探していて「監禁、調教」が見つかったら、「ねえ、ママ〜監禁、調教って何??」みたいな会話が親子間でなされ、気まずい事請け合い!!

もしくは、かこめかこめの方が伸びているから、需要の関係で配信しちゃえ!みたいな感じでしょうか。シチューの時はボカロ曲はそんなに配信されておらず、尖った曲も少なかったですが、今なら多少過激でも許されるとか。


まあ、何はともあれ今月末には配信されます!!暑い夏にはホラー曲をエアコンの利いたカラオケBOXで歌って、涼んで下さい!!

nyaonbeeさん、無理だと思っていてすみませんでした……。貴方の書き込みのお陰で配信と相成りました。本当に、本当に有難うございました!!!!!
| かこめかこめ | 11:23 | comments(3) | trackbacks(0) | -
かこめかこめのメイキングとか
すげえww24時間経ってないのに、この時間でもうマイリス60とかwwww
シチュー以来の高評価にガクブルですよ!皆様、有難う御座います!!

さて、それではどうやってこの曲が出来たかの解説をば。

東方のシンデレラケージを聴いてたら、すげえムラムラしてきて、「俺もサビがかごめかごめの曲を作りたい!今すぐに!!」と思ったんですよ。

だけど、そのまんまかごめかごめを使うには長すぎるし、シンデレラケージと同じように省略してはパクりすぎなので、しばらくこのアイデアは寝かしておきました。

でも、wikipediaでかごめかごめの文献について読んでいると、どうやら結構ホラーな内容っぽい。

特に、「うしろのしょうめん だあれ」の解釈として、「斬首された首が転がって、体は正面を向いているけれど首が後ろを向いて、私を殺したのは誰?と問いている。」という一文が非常に気に入り、これは猟奇曲の作り手としては作らないといけないだろう!と一念発起。


んで、いつもの不協和音にかごめかごめのサビをのっけたらワリとしっくり来たんで、この曲が完成しました。いつもの曲は、Aメロが不協和音でサビは綺麗なものが多いんだけど、今回はAメロもサビも不協和音という冒険作です。自分で作ったのに、Bメロ以外、本格的に何の調だか分かりませんwwww
Aメロの進行はE♭→Cとかいう不思議進行ですwww


歌詞は、ヤンデレからの脱却を目指して書きましたwww
まず、かごめかごめの都市伝説を読み漁り、「昔この遊びが口減らしに使われていた。負けたら殺されていた」という文献を発見。じゃあ、この殺された子供達の怨霊をテーマに歌詞を書くか、と思ったんですが、個人的に幽霊信じてない人間なのでどうもしっくりこない。というか怖くないww

じゃあどうしたら怖いだろうってんで、私の好きなSFモノにしようと考え、「何故首が転がる必要があるんだろう?」という所から考え始めました。それで出た結論が、「脳みそが必要だったから。」

怨霊じゃなくて永遠に生き続ける子供、しかも他の子供の脳みそによって無理やり生かされているのってSFでホラーじゃね?と考え、歌詞の大筋が決まりましたwww

それでは今日はこの辺でw
| かこめかこめ | 13:22 | comments(37) | trackbacks(0) | -
新曲アップしました!!
簡単に曲解説をば。

昔々、不老不死の実験を行っている施設が有った。長年の研究の結果、幼い子供の脳髄を使用すれば、不死の薬が作れるのではないか、という結論に至った。

しかし、死体から脳を摘出するのでは鮮度が足らずに実験は失敗に終わっていた。
そこで、身寄りの無い、死んでも悲しむ人間が少ないであろう子供に目が向けられた。

そう、それがこの<孤児院>の正体である。
子供達はマルタとして不死の研究に使われる事となった。


とまあこんな感じの設定ですwwwww
mp3とかは、もし需要があればこちらにアップロードさせて頂きますね!

今回は、ピアプロのコラボにてイラストを描いて頂きました。まさか、私の曲に9人もの素敵な絵師様が集まって頂けるとは思っていなかったので、死ぬほど嬉しかったです!

tammy_さん、俺式さん、ウインドさん、くろぺったんさん、シマゴンスケさん、水添水鶏さん、きざさん、良太さん、KHayateさん、本当にどうも有難う御座いました!


| かこめかこめ | 23:15 | comments(2) | trackbacks(0) | -
| 1/1PAGES |